小型風力発電のご紹介

発電中の小型風力発電機

志田建設では、2015年より風力発電機メーカーであるゼファー株式会社との特約店契約を結び小型風力発電機の販売・施工・メンテナンス事業を行っています。

当社施工 第1号の小型風力発電 
「Nonai Small Wind Park」(青森市野内浦島)

小型風力発電とは出力20kw未満の風力発電。
一定の風量のある土地であれば、昼夜を問わず発電することができ、安定した売電収入を得る事が可能です。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)
再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)で発電した電気を電力会社が一定価格で買い取ることを国が約束する制度です。

平成28年度の固定買取価格(一部)

当社取扱の小型風力発電は
55円/1kWhで、買取期間は20年間です。
             (平成28年度)

小型風力発電による売電収支の例

画像クリックで拡大表示 

20年間の売電収入の目安
平均風速6m/sの場合 ・・・ 年間78万円 × 20年間 = 1,560万円
小型風力発電機の設置費用(およそ800万円)を約10年で賄える見込みです。

◆取扱商品

Zephyr9000

●ブレード直径5.5m

●11.7mの自立式タワーを採用

●平均風速5m/sで 年間8,809kWの発電
          (一般家庭2世帯分以上に相当)

●国内認証 第二号機目の小型風力発電機であり、英国(MCS)や米国(SWCC)などでも認証を取得

●風車クラス2(耐風力:平均風速8.5m/s、最大瞬間風速59.5m/s)をクリアしており、強風地域にも設置可能

●リアクティブピッチ制御(特許取得済)・独自の電磁ブレーキで安全稼動

●騒音を大幅に低減するブレード設計

●年間発電量の目安は、平均風速5m/sで786kW

Zephyr9000

カタログ

◆取扱商品

Airdolphin

●ブレード直径1.8m 本体重量20kg

●既存の建物の屋根や屋上、庭などに設置可能

●国内初の小型風車認定を受けた

●風向きの変化にすばやく反応する比翼設計

●暴風時は風車自ら風況を判断し、回転数を抑えノンストップで発電を継続

●騒音を大幅に低減するブレード設計

●年間発電量の目安は、平均風速5m/sで786kW

Airdolphin

カタログ

設置までの流れ

画像クリックで拡大表示 

※当社で申請手続を行ったNonai Small Wind Park の場合、平成27年10月21日に設備認定申請書を提出し、平成28年4月12日に系統連系完了・売電を開始しました。(所要期間:およそ6ヶ月間)

※系統連系技術検討として21.6万円の費用負担がありますが、地域によって金額は異なります。

◆施工について

ゼファー株式会社の研修を受けた、当社の社員が施工を行います。

◆メンテナンスについて

設置後は年1回の定期点検とメンテナンスを行っています。
施工と同様に、メーカーの研修を受けた担当社員が行います。

Nonai Small Wind Park 小型風力発電機の施工の様子

小型風力発電について ブログを開始しました!
Nonai Small Wind Parkでの発電量や風況について、情報発信しています。

ブログはこちら

小型風力発電についてのご相談・お問合せをお待ちしております。

お問合せはこちら

PAGE TOP